お金の話

ファイナンシャルアカデミーお金の教養講座に行って来たよ!~その②

投稿日:2017年12月1日 更新日:

 

前回のその1に引き続き、「お金の教養講座」についてです。後半その2では、お財布トレーニングの集大成を紹介します。

 

収入の6割 生活費

仕訳をしよう

まず支出を10コ程度の項目に分類します。「食費」「生活雑貨」など。カフェによく行く人は「カフェ」という項目があっても良いでしょう。

 

ポイントとして必ず「その他」を作ります。理由は後で書きます。

 

私の仕訳は「食材費」「食費(お昼・外食・間食 含む)」「生活雑貨」「交通費」「医療費」「交際費」「本・雑誌」「趣味」「その他」にしました。

 

※ 今思いましたが「本・雑誌」は、2割の自己投資に含まれるかもしれませんね。

 

毎日、お買い物をしてレシートを必ず保管します。そしてこの項目ごとにレシートを分けます。

 

パッパッと直感的に分けて行きます。その中で、「あれ?これどっちかな。食費かな、雑貨かな。」と迷うことがありますよね。

 

それを「その他」にポイっと入れてしまいます。便利~♪

 

この仕訳作業に役に立つツールをご紹介致します。

 


【メール便可能】リヒトラブ SMART FITシリーズ キャリングポケット<A5/100枚収納> F-7527【10P24Nov17】

 

講師の方が実際に使っているものを見せてくれました。中は見開きでポケットが10枚ほど付いています。そこへ、各仕分け項目をラベルに書いて貼ります。完成です。

 

さっそく私も本屋さんで購入し、やってみました。

 

image1

 

このファイルは、クリアファイルのような出し入れができ、且つ開く部分が外側ではなく、内側(ファイルの中心方向)になっているため、レシートを乱暴に入れても落ちてくることはありません。

安いのになんて優れもの!!

 

毎晩、お財布からレシートを取り出して、このファイルにパパっと入れるだけです。

 

とっても簡単。これなら続けられそう!!今のところ続けられています。

 

お金の管理は、続けることが大事です。

 

この方法を知るまで、私はスマホのアプリを使っていました。妹が教えてくれた、入力するだけの無料家計簿アプリです。

 

費目ごとに入力するだけで、円グラフが表示されたり、現金だけでなく、クレジットカードや、銀行口座とも紐付けして把握できるため、無料のわりには機能は十分でした。

 

ですが、私は溜め癖があるようで、1日分のレシートを入力することすら「明日やろ」となってしまい、溜まれば溜まるほど入力が面倒になり、なかなか続きませんでした。

 

(妹はしっかりしているので、ずっと続いています。私と違って、お金を使った直後にもう入力している堅実者です。)

 

そんな私ですが、ファイル方式を知ってからはレシートを入れるだけなので、何日も溜めたりせずに済んでいます。

 

 

 

1ヶ月の集大成

「P/L」

さて、先に述べた支出の仕訳の集大成を行います。

 

P/Lというのは、Profit and Loss statement の略で、【損益計算書】のことを指します。

 

会社では作成されていて、一定期間の経営成績を表すことができます。つまり、会社の利益と損失がわかるため、会社の収益力が見えるのです。

 

これを個人レベルに落として、簡単に作成してみます。

 

PL

 

このように、収入と支出を1ヶ月分まとめて書き出します。

 

生活費においては、ファイルに入れたレシートの金額を計算するのですが、このときポイントがあります。

 

ざっくり計算する!

 

もう暗算できるくらい。

 

368円 ⇒ 400円1,824円 ⇒ 2,000円 という感じで。

 

私、これを聞いてかなり安心しました。家計簿アプリでは、1円単位まで細かく入力していたので、自販機で缶コーヒー買ったことを忘れたりしていると、もう計算が合わない。

 

これがストレスでストレスで(涙)

 

仕方なく、お財布の金額と合うように調整するのですが、そのときの費目は「収支合わせ」。

 

なにこれ。意味あるの?

 

これもあって、やっぱり続かないのです。

 

だけど、レシートファイル方式に変えてからは、1ヶ月の集大成の日が待ち遠しくて。って、まだやったことないけど(^^;)

 

でもこのざっくり計算で良いのなら、自販機なんてそんなに使わないし、気にしなくていいんだーって、すごく気が楽です。

 

 

お金のメタボ

このP/Lから何が分かるのかと言うと、普段のお金の使い方や習慣が分かります。

 

PL_metabo

 

上図のように、収入と支出の大小で、貯蓄体質か、メタボ体質かが分かれてきます。

 

メタボとは、要は赤字ですね。

 

私が受講した日の講師の方は、よくスタバなどカフェに行くそうで、レシート集めて計算したら、なんと1ヶ月でカフェだけに1万円以上使っていたそうです。これに驚き、翌月からは気を付けるようにしたのだとか。確かにカフェ代ってバカにならないですよね。

 

このように、P/Lを作成すれば、自分のお金の体質と、お金の使い方が分かり、今後、貯蓄体質になるためにどうしたらいいかも分かってしまう便利機能満載なのでした。

 

 

 

3ヶ月毎の集大成

2割2割6割のお財布トレーニング +  P/L作成 を頑張って続けたら、今度は3ヶ月ごとにやってみることがあります。

 

 

B/S

B/Sとは「Balance Sheet」といって【貸借対照表】を指します。ある一定時点での財政状態を表す表になります。

 

BS

 

このように、「自分の持っている資産」を左側、「自分の持っている負債」を右側に書き分けます。

 

このときのポイント!

マイホーム、マイカー、ローンなどは、現時点での金額を書きます。

 

つまり、マイホームやマイカーは時価を記入するということです。

 

現在では、インターネットが普及していますので、不動産の査定や車の査定は、不動産屋や中古車屋ですぐに行うことができます。

 

ただし、電話やインターネットで査定を依頼すると、その後に営業の電話やメールがくるので、それが面倒であれば、自分で調べましょう。

 

マイホームであれば、自宅近くの似たような部屋数・築年数の相場を調べたり、

マイカーであっても同様に中古車屋のサイトで、車種・年式などからすぐに見当が付きます。

 

これを行い、総額を計算します。

 

BS_metabo

 

出ました。再び、お金のメタボ=赤字

 

P/Lのときと同じように=のところを境に分けます。

今回は、

資産>負債となった場合・・・総資産。多い人がお金持ち。
資産<負債となった場合・・・お金のメタボ。会社なら倒産。

という意味になります。

 

会社なら倒産ですって。怖いですねー!

 

どうしたら純資産を増やせるか。

 

それは、再三書いてきている2割2割6割のお財布トレーニングを習慣付け、毎月のP/Lを観察して頑張ることです。

 

なんでも地道な努力が実を結ぶのですね。

 

 

 

お財布にも働いてもらおう

ここで、お金の管理を頑張ったからには、持っているお財布にも働いてもらおうじゃないか、という考え方です。

 

お金は留めておくだけでなく、回していくものです。お金は天下の回しもの、と言いますよね。

 

講座では、お金をわが子に見立て「可愛い子には旅をさせよ」と考えてみましょう、と言われました。

 

旅をさせるには、準備が必要です。どこに行かせるかも親次第です。また、帰ってくるときには連絡しなさいよ、と決まり事もある方がいいです。

 

 

3つの準備

お金に旅立たせるための準備が必要なことは、先に述べました。

 

① 教育 - リスク管理 ・・・ お金の勉強

 

② 様々な場所 ・・・ 資産の分散

 

③ ルール ・・・ 運用期間、金額の決定

 

①については、ファイナンシャルアカデミーの無料講座でのお話なので、講師の方は、はっきりとは仰いませんでしたが「当校のような正しいお金の学校で学びなさい」ということでしょう。

 

②の分散投資の話はよく聞きますね。同じ積み立て投資でも、複数の投資先を作った方が良いなど。私もZaifで仮想通貨の積み立てを始めたばかりですが、3つに分けています。

 

③について細かく説明すると、運用期間は例えば「3年国債」等の、最初から期限が決まっている投資先を選ぶということです。

 

金額の決定は、「10万円投資して、12万円になったら止める」など、金額を予め指定し、リスクを避けるやり方です。

 

私も大昔、女性に株が流行り始めたころのニュースで、若い主婦が「私は失敗しないように2割増えたら売るようにしています。この決まりをずっと守って続けています。」と話しているのを見ました。どんなに株価が上がっても、自制心を持ってとても賢いですよね。

 

これらのことを「出口戦略」と呼びます。

 

出口戦略は経営用語にも転用され、市場もしくは企業の経営・所有からの撤退時に経済的損失を最小限にする戦略を指す。

また、投資において投下した資本を最大限に回収することも出口戦略と呼ぶ。第三者への転売株式公開などがとられる。

出典:Wikipedia

 

 

 

まとめ

・ファイルフォルダーを利用して、レシートを費目ごとに分けてみる。

 

・1ヶ月に一度、分けたレシートを元にP/Lを作る。

 

・自分のお金の体質を知ること。

 

・3ヶ月に一度、B/Sを作って、自分の資産と負債を把握する。

 

・3つの準備をして、お財布にも働いてもらう。

0
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハリネズミのハリー

アラフォー女性、会社員であることに疑問を持つ会社員、双極性障害Ⅰ型、セクシャルマイノリティ(バイセクシャル) 、2桁年下の彼女がいます。いろいろマイノリティです(笑) アウトドア好きです。よろしくね。

-お金の話

Copyright© 双極性障害とLGBTと私 , 2019 All Rights Reserved.